•  全部失った俺の話

    2017-03-24 08:26:03

    1 : 名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2017/03/20(月) 20:31:15.22 ID:acMaYMiv.net
    初スレ立てで至らない点もあるかもしれないが、見てくれるとありがたい。

    立ったら書く。


    3 : 名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2017/03/20(月) 20:36:03.17 ID:acMaYMiv.net
    話はまず、俺が小学生の時から始まる。

    俺はかなり惚れやすいタイプで、色んな子にちょっかいを出してた。

    そして小5の時、1人の女の子に一目惚れをした。名前は、マックにしよう。


    5 : 名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2017/03/20(月) 20:38:41.87 ID:acMaYMiv.net
    マックはめちゃくちゃ可愛くて、色白のすごく明るい子だった。

    俺は1発で落ちて、夏に告白した。

    でも返事はすぐにはこず、かなり悶々とした日々を過ごしたのを覚えてる。

    そして3ヶ月ぐらいが過ぎた頃、マックに呼び出された。

    今思えば、それが全部の始まりだったと思う。


    7 : 名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2017/03/20(月) 20:40:59.87 ID:acMaYMiv.net
    すまん、書き溜めがなくて遅いが許してくれw



    マックは小5とは思えない事を俺に言った。

    『私は、友達いない人とは付き合えない。』

    もうね、号泣した。ふられたショックよりも、友達いないって現実突きつけられたのが辛すぎた。

    それでも俺は、なぜかマックを諦めきれず、冬にもう一度告白した。

    9 : 名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2017/03/20(月) 20:44:49.21 ID:acMaYMiv.net
    結果はなんと、付き合うことができた!


    でも小学生だからやれる事は限られてるし、何よりクソ真面目だった俺にできることは何一つなかった。

    さらに恐ろしいことに、マックはめちゃくちゃ恥ずかしがり屋の癖に、嫉妬深かった。

    俺とは友達を介してしか話さないが、男友達には異様なまでのスキンシップ。

    でも俺が女友達と一言でも話そうもんなら、その女友達が消されかけた。

    でも恋は盲目とは言ったもんで、周りも見えずに俺はマックにのめり込んだ。


    10 : 名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2017/03/20(月) 20:49:37.79 ID:acMaYMiv.net
    マックと付き合えて幸せだと思っていたある日、共通の女友達サバ子に話しかけられた。

    『マックが今は一回お別れしたいみたい…。』

    今思えば遠回しに振られていたのだが、当時恋愛経験0だった俺は、すんなり承諾した。

    どうせまた元に戻るならいいや〜wみたいな?


    そう思っていた1週間後に、マックは一つ上の頭にうんこが乗ってるような顔の先輩と付き合ってた。

    本当に頭にハテナが浮かぶってこういうことなんだなって思った。


    11 : 名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2017/03/20(月) 20:53:13.12 ID:acMaYMiv.net
    かなり泣いたwwww

    サバ子、そういえば前友達いないって言われた時も励ましてくれたwwwクソいい奴wwwww

    とか思いつつも、なぜかまた諦めることがなく、そのうんこ先輩と別れたと聞いて、もう一度告白した。

    それが小6の春の事だった…。


    13 : 名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2017/03/20(月) 20:58:12.51 ID:acMaYMiv.net
    そこからまた付き合うことができたが、前のように、サバ子を通じてしか会話する事はなく、結局前と同じ様に、これまたつり目のきついカッパくんにとられた。

    その後も諦めない俺は、結局小6の秋までにカッパと俺を2往復ぐらいされたwww

    その間勿論きつい束縛は続いて、流石に目が覚めた俺は、そこでマックとは完全にお別れをした。

    これ、見てる人いる?w

    14 : 名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2017/03/20(月) 20:58:53.51 ID:fr+ksMZb.net
    見てる見てる



    15 : 名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2017/03/20(月) 20:59:06.64 ID:oQ+8aV/r.net
    見てるよ



    16 : 名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2017/03/20(月) 21:00:21.73 ID:mBwDj9qZ.net
    つづけて



    17 : 名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2017/03/20(月) 21:03:08.68 ID:acMaYMiv.net
    ありがてぇ…
    以上がマック編な。


    んで、色々失意の中で、鯖子の神がかり加減に気づいた。いつも優しいし、普通に小6とは思えないぐらい大人びてた。

    そしていつの間にか俺は鯖子が好きになってた。


    速攻告って結果はオッケー!

    ただ、やはりクソ真面目だった俺は鯖子とデートをする事もなく、3、4ヶ月ほどでお別れした。

    鯖子とのことは特筆することは無いけど、かなり楽しかった覚えはある。

    ただただ、本当にすごくいい子。


    18 : 名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2017/03/20(月) 21:08:31.49 ID:acMaYMiv.net
    そうこうしてるうちに小学生が終わり中学に上がる時、塾で俺は運命的な出会いをした。

    名前は亜豆。

    本当、雰囲気が完全にバクマンの亜豆そのもの。才色兼備ってこういう人なんだなって感じの子。

    めちゃめちゃ清楚で、おとなしくて、俺とは間反対な感じ。


    で、これまた一目惚れした俺は、すぐさま話しかけた。この行動力が今でも欲しい...w

    俺『どこ小なの??wwwwww』

    亜豆『あ……いや……』

    俺『中学一緒?wwwwwwwww』

    亜豆『………』

    そうこうしてるうちに授業が始まった。

    今思い返せば俺やべ奴。


    20 : 名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2017/03/20(月) 21:12:35.78 ID:acMaYMiv.net
    その後は塾で見かけることもなく、中学の入学式を迎えた。

    入学する時は正直亜豆の事はすっかり忘れてたし、かなり浮かれてた。

    そして、部活動紹介の時、奇跡が起きた。

    なんと俺の隣が亜豆だった。


    もうね、部活動紹介とか、頭入ってこなかったねww

    亜豆がずーっと正座してるように見えて、馬鹿でガキな俺はすぐにちょっかいをだした。


    俺『足崩さなくていいの?wwwww』

    亜豆『……もう崩してる。』

    俺『……wwwww』

    帰って泣いた。


    22 : 名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2017/03/20(月) 21:16:01.28 ID:acMaYMiv.net
    その時の俺は、本当クソガキで好きな子に意地悪したくなる系男子だった。

    頭のおかしい俺は亜豆の上靴のかかとをふみまくった。

    当然嫌われた。光の速さで嫌われた。

    亜豆の友達のニンニクに、関わるなと言われた。

    泣いた。





    24 : 名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2017/03/20(月) 21:20:27.35 ID:acMaYMiv.net
    思い返せば、俺は亜豆に思いを伝えていなかった。

    そして勇気を出して、亜豆に思いを伝えることにした。

    ……が、そりゃかかと踏みつけ野郎だ。振られた。

    まじで凹んだ。ニンニクにすげぇ慰められた。でもここからがニンニク有能だった。

    『ちょっともう一回聞いてみるね』

    ニンニクさまぁぁぁぁああって感じよ、本当。

    しかもまさかの亜豆から、やっぱりお願いします。ってメールが来た。

    飛び上がった。死ぬほど飛び上がった。


    35 : 名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2017/03/20(月) 21:44:45.17 ID:ucovAChq.net
    >>24 ここでニンニクが何をどうしたら大逆転したのかkwsk


    38 : 名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2017/03/20(月) 21:48:57.86 ID:acMaYMiv.net
    >>35 本当は亜豆も俺の事を好きになってくれてたみたいだったが、ニンニクに気を遣って俺を振っていたみたい。

    んで、ニンニクが説得ってことみたいだ。




    25 : 名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2017/03/20(月) 21:23:03.33 ID:9CepPOVa.net
    にんにくやるな



    26 : 名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2017/03/20(月) 21:25:07.72 ID:acMaYMiv.net
    一目惚れした亜豆と付き合い。

    さらに、小学校でマックに立てられた友達いないレッテルも、真面目さが功をなして中1時点では友達にも恵まれていた。

    本当に毎日が楽しかった。ずっと笑ってた。


    そして俺は、亜豆と初デートする事になった。

    …が、結果は言うまでもなく惨敗。

    そもそも性格がどう見ても合わない俺たちの会話は弾むわけがなく、それに合わさって人生初のデート。普通に死んだ。

    その後数週して、亜豆に

    『このまま一緒にいても、お互い楽しくないと思う』

    って帰り道に振られた。

    振り方まで優しかった。ニンニク…励ましてくれた。

    28 : 名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2017/03/20(月) 21:30:12.43 ID:acMaYMiv.net
    今でも覚えてる。振られた次の日は本当に抜け殻のようにボーッとしてた。

    でもマックの時のように、すんなり諦める事が出来なかった。

    そんな時に人づてにある噂を聞いた。

    『亜豆が振ったの、ニンニクがお前の事好きだからだよ?www』


    本当に時が止まった感じだった。確かに思い当たる節はいくつもあった。

    でも本当、頭が追いついていかない感じ。

    しかも数週間して、ニンニクは何故か俺の大親友、おにぎりと付き合い始めた。

    驚きとかそういう話じゃなくて、本当に意味がわからなかった。


    56 : 名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2017/03/20(月) 22:29:15.39 ID:ucovAChq.net
    >>38 あー、じゃ亜豆に気を使わせないようにニンニクはおにぎりと付き合ったんじゃん

    64 : 名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2017/03/20(月) 22:33:52.09 ID:acMaYMiv.net
    >>56 実はこれまた話が違くて、俺に近寄るためにおにぎりと付き合ったって本人が言い放ったそうだ。

    ちなみにおにぎりとはまだ飯に行ってくれる仲だ。

    あいつがいるだけでも俺は確かに何も失ってないかもしれんなwww


    65 : 名も無き被検体774号+@\(^o^)/:2017/03/20(月) 22:35:55.85 ID:ucovAChq.net
    >>64 亜豆との間を取り持つとかおにぎりクッションいらないくらい親密じゃん

    気ぃ使ってそう言うことにしといたんじゃない?

    いやそれもそれでおにぎり傷付いちゃうけどさ







    おすすめ記事

  •  コメントする